国境なき古本屋 ブック・エデン「book-EDEN」 の BLOG

■国境なき書店(洋書)■コレクションブック / 美しい本の書店
■開業の日々のあれこれ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2006.11.30 Thursday | | - | - |
●故矢島文夫先生の「偲ぶ会」をいよいよ実施します
わが師であり、本国境なき古本屋―ブック・エデン「book-EDEN」の生みの親でもありますが、古代オリエント言語・文字学者にして多様なご関心の持ち主であった、矢島文夫先生「偲ぶ会」の実施をようやく公開でお知らせすることができるようになった。
本会は来年5月26日(土)に、財団法人中近東文化センター理事長・牟田口義郎先生を「発起人代表」とし、副代表に、矢島先生の最後のご奉公先であった、アジア・アフリカ図書館の母体である、財団法人アジア・アフリカ文化財団理事長でありアジア・アフリカ語学院院長菊地弘先生、また独協大学名誉教授でありかつ宗教学者として著名な高橋正男先生をいただき、古代・エジプト研究室長谷川ケン氏、さらには数多くの方に今後も発起人となっていただきながら、矢島先生のお人なりを、じっくり語り合う会としたい、と考えられていらっしゃる、のだろうと推察している。

店主、風邪をこじらせてそれでもこの連休、同期や後輩が待っていてくれたおかげで、名古屋でどんちゃか騒ぎをさせてもらった。その帰途、久しぶりに岡崎の世界こども美術博物館に立ち寄り、お話をさせていただいた次第。
帰京して、この「偲ぶ会」の正式発表となる会議の片隅に出席させていただいたおかげで、こうして皆さんに明快なご報告ができるのだ。

今日はこのご報告をしたかった。そして、わがブック・エデンは開業したのだ、数件の問い合わせを知人からいただいているが、どんどん遠慮なさらず、ここでもよし、データ・ガーデンの問い合わせボックスにでも、また店主の携帯にでもどこにでも、何なりと仰ってください。
もちろん、「探し屋・竜馬!」はずっと待機している、今南方熊楠の書を探してほしい由の問い合わせをいただいており、日中駆けずり回っている。世界のどこにでも行く所存、よろしく!

洋書群、さらにはクリスマスにふさわしい、本をこれから用意する、ぜひデータ・ガーデンの、book-eden のブック・リストという旗が右下にたっているので、クリック!よろしく。

店主・生橋竜馬
| 2006.11.10 Friday | 19:57 | comments(0) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| 2006.11.30 Thursday | 19:57 | - | - |









http://book-eden.jugem.jp/trackback/110
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 7:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 7:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 8:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 8:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 8:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 8:06 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 8:13 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 8:48 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/13 9:12 AM |
Blog Information

ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ●2010年「ワールド・カップ・南アフリカ大会」こそが日本のワールドカップ、なのさ!
    びびちゃ。 (06/19)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS