国境なき古本屋 ブック・エデン「book-EDEN」 の BLOG

■国境なき書店(洋書)■コレクションブック / 美しい本の書店
■開業の日々のあれこれ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2006.11.30 Thursday | | - | - |
●本日、ひっそりと、しかしとにかく「ブック・エデン」は開店しました!
厳粛な気分です。故矢島文夫先生とのお約束をなかなか果たすことができず、みっともない想いで準備を続けてきましたが、ようやくデータ・ガーデンの一部にリンクするキーを設け、「国境なき古本屋―ブック・エデン「book-EDEN」はこっそりとささやかに開店したのです。

当初から申し上げていたように、店主・生橋竜馬「探し屋・竜馬が行く!」というポジションで、皆さんと身近なお付き合いをしていきたいと思っています。
専門は、古代オリエントですが、そこそこに中世・近世はことに「書物」が、大量複製メディアとして世に出た時期であり、さりとてこれほどの情報網が完備している時代でもなく、そこここに眠る「書物」の数は、未だにここにこんなすばらしいものが!と思うほどです。

「文字文化の継承」を叫んできました、古本屋の親父ごときに何ができる、と思われましょうが、生憎まあその通りでしょうが、次代へできるだけ選んだものはごく大事に伝えていきたい、と思うのはこの分野に限ることでもないでしょう。

人類の大きな革命的発明のひとつ、「文字」による文明・文化構築は、ようやくせいぜい6000年のわずかな時を刻んだに過ぎません。
多くの名著と呼ばれ、辛うじて継承してきた書の数々は、さらにせいぜいが2〜3000年の時を経たに過ぎず、しかしその短い中に生まれた「書」をわれわれは、身を火中に投じてでも守って、継承してきたのです。

ぜひ、お声を一声かけてください。店主は皆さんの一声で、「豚も軌に登る」がごとく世界中を駆けずり回ります!
よろしくお願いします。

店主・生橋竜馬
| 2006.11.01 Wednesday | 22:32 | comments(0) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| 2006.11.30 Thursday | 22:32 | - | - |









http://book-eden.jugem.jp/trackback/109
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/31 9:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/31 9:09 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/31 9:13 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/31 9:15 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/31 9:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/01 10:38 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/01 10:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/01 10:48 PM |
Blog Information

ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ●2010年「ワールド・カップ・南アフリカ大会」こそが日本のワールドカップ、なのさ!
    びびちゃ。 (06/19)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS